--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-14(Mon)

【リオン】対ジャン戦における破骨手(P+K+G)の使いどころ

~参照~
■【リオン】破骨手(P+K+G)の性能
■【リオン】閃身歩(P+K+G成功時2or8)の性能

対ジャン戦で当身成功時に最速で閃身歩(P+K+G成功時2or8)へ移行した場合の
硬化差をまとめてみた。

中距離戦での逆正拳突き(66P)にリスクを負わせることが出来るのは大きい。
連捶腿取面(PKP)はもちろん、後蹴腿(44K)や托臂補心掌(2_6P+K)も確定する。
 

協力:N君 ※コマンド表示はジャン側のもの

縦猿臂~転回膝蹴り(33PK)は最速入力だと背後を取った状態になるので、
弾腿(3K)で背後崩れ確定。
ただしディレイをかけられるとホーミングされる場合がある。


【確定無し】
±0F・・・前拳(P)
+8F・・・追い肘(4P+K)

【投げ確定】
+10F・・・手刀切り(4P)

【連捶腿取面(PKP)確定】
+12F・・・掛け打ち(46P)、横猿臂(6P)
+14F・・・下突き(3P)、欺心紅烈鋭手(33PK_P)

【翻錘(3P+K)確定】
+16F・・・縦猿臂(33P)、月紅衝拳(46P+K)

【托臂補心掌(2_6P+K)確定】
+19F・・・逆正拳突き(66P)

テーマ : VF5FS
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
外部リンク
■VF5FS公式サイト
■真・バーチャ道場
■VF5FS初心者向け情報ブログ
■VF5FSフレーム部
■バーチャ@ウィキ
当サイトについて
【】=「VF5FS」
≪≫=「VF5FS ver.A」
■メモ主について
■巡回サイト一覧
フレーム表
システム解析
■入力
■打撃
■よろけ
■投げ
■避け
■ダッシュ
■受身
■起き上がり
■側面
■背後
■壁
■鷹嵐
■その他
倉庫
■コンボダメージ計算機 ver.2.3
■投げ抜け後の状況
■対鷹嵐限定非ダウン技
■即死コンボ関連リンク
■『マスターズガイド』訂正表
■コンボ表(レイフェイ)
■コンボ表(リオン)
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。