--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-29(Wed)

【リオン】破骨手(P+K+G)の性能

リオンの破骨手(P+K+G)はノーマルヒット時にダウンしない
上中段片手・肘
属性の打撃技に対応する当身技。

成功時は打撃技のダメージとヒット効果を無効化しつつ、
相手側の硬化を5F延長する効果がある。

ただし破骨手自体の硬化も長い(全体35F)ので、
単体で使ってもはあまり意味がない。

ちなみにスカったときの隙は投げスカり(34F)とほぼ同じ。
当身できない打撃技を喰らってもノーマルヒット扱いなので、
失敗時のリスクは低め。
 

協力:N君

【破骨手(P+K+G)】
全体フレーム:35F
当身有効フレーム:1F目~18F目
対象:ノーマルヒット時にダウンしない上中段片手・肘
効果:ダメージとヒット効果を無効化し、相手側の硬化を5F延長
失敗時:打撃技を喰らった場合はノーマルヒット扱い

ウルフのR.A.W(P+K+G)や鷹嵐の阿形(4P+K+G)と同じく、
打撃技そのものを無効化する訳では無いので、
繋ぎの早い派生技(打撃投げなど)は喰らってしまうことも。


【破骨手成功時の硬化差】
nF目で当身に成功した場合、

 硬化差=当身に成功した打撃技のヒット時硬化+5F-(35-n)


例えばリオンが5F不利な状況で相手の肘(発生14F、ヒット時硬化24F)を当身した場合、
9F目で当身したことになるので24+5-(35-9)=3F有利。
普通にガードした方が有利が大きい。

テーマ : VF5FS
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
外部リンク
■VF5FS公式サイト
■真・バーチャ道場
■VF5FS初心者向け情報ブログ
■VF5FSフレーム部
■バーチャ@ウィキ
当サイトについて
【】=「VF5FS」
≪≫=「VF5FS ver.A」
■メモ主について
■巡回サイト一覧
フレーム表
システム解析
■入力
■打撃
■よろけ
■投げ
■避け
■ダッシュ
■受身
■起き上がり
■側面
■背後
■壁
■鷹嵐
■その他
倉庫
■コンボダメージ計算機 ver.2.3
■投げ抜け後の状況
■対鷹嵐限定非ダウン技
■即死コンボ関連リンク
■『マスターズガイド』訂正表
■コンボ表(レイフェイ)
■コンボ表(リオン)
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。