--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-02(Thu)

【ブラッド】クラッシュニーキック(ダッキング中K+G)の発生

参照:【対ブラッド】ダッキング移行技 ※コメント欄

以前コメント欄で話題になった「ストップキック(4K)側面ノーマルヒットからの
クラッシュニーキック(ダッキング中K+G)がガードされるのは何故なのか」問題について、
米澤さんに質問してみた。

@vf_official ブラッドの4K(側面NH)~ダッキングP+Kはガード不能なのに、
4K(側面NH)~ダッキングK+Gはガード可能なのは何故でしょうか?
どちらも発生は同じようですが・・・ 
http://www.youtube.com/watch?v=HRk_gfpYcQc


@lettuce1917 技としての発生は同じなのですが、
K+G の方は 1F 遅くダッキングからシフトいるのが原因のようです。
見た目との兼ね合いもあって、そのようになっています。(米澤) #VF5FS #VFofc


そうだったのか!
ということは、クラッシュニーキックは実質発生16Fと考えた方が良さそう。
 

協力:N君

そういえばダッキング移行時の硬化差を調べてるときに、
ときどき計算が合わないケースがあって困った記憶がある。
改めてフレーム動画を作り直したときは、ダッキングストレート(ダッキング中P)を
基準にしたので、問題なかったんだけど・・・

テーマ : VF5FS
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

なんか納得できません…。

>1F 遅くダッキングからシフト(して?)いる
ということが公表されていないことなので、
フレーム上は16Fにしてほしいものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

そういう理由だったのですね。
つまり他のダックからの技は
ダック中に入力>次のFから発生
なのに対してダックK+Gは
ダック中にK+G入力>1F余計なダックモーション>K+Gの発生
と、実質16F発生になるわけですね…
じゃあ下段スカシも実質1F遅れるわけですか。
まあほとんど影響ないレベルでしょうが。

No title

> 名無しさん

フレーム表示機能が信頼できないとなると、
ちょっと厳しいものがありますね。
これからはちょっとでも引っかかる点があったら
ちゃんと調べるようにしようと思います。


> 匿名希望さん

ああいうのは気にしたら負けですよw
どんどんコメントしてください。


> ゐしかわさん

4K側面ノーマルヒット時もあえてダッキングK+Gを
使う必要は無いので、ほとんど影響は無いですね。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
外部リンク
■VF5FS公式サイト
■真・バーチャ道場
■VF5FS初心者向け情報ブログ
■VF5FSフレーム部
■バーチャ@ウィキ
当サイトについて
【】=「VF5FS」
≪≫=「VF5FS ver.A」
■メモ主について
■巡回サイト一覧
フレーム表
システム解析
■入力
■打撃
■よろけ
■投げ
■避け
■ダッシュ
■受身
■起き上がり
■側面
■背後
■壁
■鷹嵐
■その他
倉庫
■コンボダメージ計算機 ver.2.3
■投げ抜け後の状況
■対鷹嵐限定非ダウン技
■即死コンボ関連リンク
■『マスターズガイド』訂正表
■コンボ表(レイフェイ)
■コンボ表(リオン)
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。