--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-01(Mon)

【システム】ガード硬化の変化を利用した自動二択

■「ガードさばき (当て身)」(ぱっと!ねこ道場 for VF5FS)

『アルカディア』のバックナンバーを漁ってみたところ、
2007年7月号に「ガード硬化の変化を利用した自動二択」という記事があった。
無印のバージョンCが出たばかりの頃らしい。

本作では多くの連携技に、"派生技を入力するとガード側の硬化が変動(主に短縮)する"
という特性がある。硬化が短縮されるものは、先行入力の受け付けも早まるため、
"派生技を出されたときのみ先行入力を受け付けている時間"というものが生まれる。


この"派生技を出されたときのみ先行入力を受け付けている時間"に当身や捌きを入力しておけば、
派生技が出されたときのみ当身や捌きが発動し、単発止めの場合は他の行動に移行できるというのが
この記事の主眼。

打撃技の初段をガードした直後に当身(捌き)を入力する必要があるので難易度が高く、
また当時はアイリーン使いだったこともあり、ちょっとCPU戦で練習しただけで
このテクニックの存在を忘れてしまっていた。

もう一度挑戦してみようかな?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

剛はかなり使えそうですねφ(..)

No title

P+K+G系の捌きはやりやすいかもしれませんね。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
外部リンク
■VF5FS公式サイト
■真・バーチャ道場
■VF5FS初心者向け情報ブログ
■VF5FSフレーム部
■バーチャ@ウィキ
当サイトについて
【】=「VF5FS」
≪≫=「VF5FS ver.A」
■メモ主について
■巡回サイト一覧
フレーム表
システム解析
■入力
■打撃
■よろけ
■投げ
■避け
■ダッシュ
■受身
■起き上がり
■側面
■背後
■壁
■鷹嵐
■その他
倉庫
■コンボダメージ計算機 ver.2.3
■投げ抜け後の状況
■対鷹嵐限定非ダウン技
■即死コンボ関連リンク
■『マスターズガイド』訂正表
■コンボ表(レイフェイ)
■コンボ表(リオン)
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。