--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-30(Mon)

≪パイ≫燕青翔腿(33P+G)よろけ

参照:≪パイ≫よろけ技フレーム表

≪燕青翔腿(33P+G)よろけ≫
硬化:21F
 ※緑レバー表示時を始点とした場合
9回復時硬化差:+23F(回復難度0.32)
10回復時硬化差:+20F(回復難度0.4)
11回復時硬化差:+17F(回復難度0.5)
12回復時硬化差:+14F(回復難度0.63)
13回復時硬化差:+11F(回復難度0.81)


よろけに加え振り向き中のガード不能状態が5Fあるので、
背向けバックダッシュ(6~7F)~後蹴腿(背向け中K)が決まりやすい。

もう一つの選択肢は背身肘撃(背向け中2P+K)かな。
上記の連携を回復する相手には、背身掛脚(背向け中2P+Kヒット時P+G)がほぼ確定。
回復が遅かった場合は背後ヒットになるので打撃投げに派生できないけど、
とりあえずダメージ17を取りつつ1F有利になる。
ただし最軽量級・パイ・シュン・ゴウに対しては無回復だとスカる。
 


後蹴腿が背後ヒットした場合は、
6K+G→遅らせP→9KKが鷹嵐以外の全キャラに入り総ダメージ92。
側面ヒット時も同じコンボでいいかも。

ガードされた場合は側面ガードになる。

テーマ : VF5FS
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
外部リンク
■VF5FS公式サイト
■真・バーチャ道場
■VF5FS初心者向け情報ブログ
■VF5FSフレーム部
■バーチャ@ウィキ
当サイトについて
【】=「VF5FS」
≪≫=「VF5FS ver.A」
■メモ主について
■巡回サイト一覧
フレーム表
システム解析
■入力
■打撃
■よろけ
■投げ
■避け
■ダッシュ
■受身
■起き上がり
■側面
■背後
■壁
■鷹嵐
■その他
倉庫
■コンボダメージ計算機 ver.2.3
■投げ抜け後の状況
■対鷹嵐限定非ダウン技
■即死コンボ関連リンク
■『マスターズガイド』訂正表
■コンボ表(レイフェイ)
■コンボ表(リオン)
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。